PROCESS

立ち上げ事例

 

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン
ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

 

 

 

進め方


 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

①お打合せ

お客様のご要求内容を打合せによって把握します。

出来ればお会いして進めるのがベストですが、

コロナ禍によりリモートを含め、電話やメールで進めることが

多くなりました。

 

どのような形状か、

用途(製品のご使用方法)

硬さ

表面のシボ模様

ロット

等々をお伺いさせて頂きます。

 

 

 

 


 

②概算見積&ご提案

お客様のご要求内容に基づいたお見積りを提出します。

内容を理解してから1週間程度が目安です。

最近は、製品の3次元データをお客様がご用意頂く場合が

多いですが、本件の場合は当社が手配することになりました。

 

同時にウレタンの流れを予想して、外観が綺麗にする為の

形状等をご提案させて頂く場合があります。

 

形状が定まっておらず、一旦の形状や硬さ等の雰囲気を

ご覧になりたい場合は試作型をお勧めしています。

そうでなければ、そのまま量産型へ!

 

 

 

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

③形状や仕様の変更→見積

場合によっては、お客様のご要求内容が途中で変更されることもあります。

その場合は訂正見積もりをお出しすることも。

 

又、表面シボ(レザー調、梨地調)の模様が変わる場合も

コストが変更することもあります。

 

 

 

 

 

 

 


 

④ご要求内容⇔ご提案

お客様のご要求内容に基づいたお見積りを提出します。

内容を理解してから1週間程度が目安です。

最近は、製品の3次元データをお客様がご用意頂く場合が

多いですが、本件の場合は当社が手配することになりました。

 

同時にウレタンの流れを予想して、外観が綺麗にする為の

形状等をご提案させて頂く場合があります。

 

形状が定まっておらず、一旦の形状や硬さ等の雰囲気を

ご覧になりたい場合は試作型をお勧めしています。

変更の可能性が無ければ、そのまま量産型も可能です。

 

 

 

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

⑤ご注文→型製作

いよいよ型の製作です。

型業者と仕様の綿密な打合せを行い、

ブロックの切削自体は協力企業で、最終の擦り合わせや組付け、架台製作は当社で行います。

 

形状によっても異なりますが、

試作型で約3週間前後、量産型で2ヶ月間

 

又、表面シボ(レザー調、梨地調)のご希望模様が

変わる場合は、コストが変更することもあります。

 

 

 

 

 

 

 


 

⑥型完成⇔条件出しトライ

製品となるまでには成形条件を確立する為に、

何度も試作(トライ&エラー)の必要があります。

 

まずは形状を成り立たせ、その後で外観や硬さを狙って、

徐々に製品に近づけていきます。

試作型の場合、最終品をご注文分を納品となります。

 

 

 

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

 

ウレタンの便利屋|三栄ポリウレタン

⑦最終製品→ご承認

量産型の場合、最終製品を1つ提出します。

場合によっては限度見本や標準見本等を取り決め、

品質面もご承認後に、いよいよ生産がスタート♪